ペットの肥満のロゴを終了します

飼い主の90%が、
ペットの太り気味に
気づいていません

Dr. Ernie Ward, "2014年ペットの肥満アンケート" ペット肥満予防協会(2014年)
"2017年ペットの肥満に関する研究" ペット肥満予防協会"(2017年)

Hill’s ホリゾント

"飼い主の90%が、
ペットの太り気味に
気づいていません"

太り気味のペットが激増している現状を打破するには、獣医療関係者のケアが不可欠です。ヒルズは、ペットオーナーがまず問題に気付き、来院することを動機づける取り組みをしています。

より簡単な会話アイコン

気軽に体重の話ができるようにしましょう

ペットオーナーに一人で悩む必要がないこと、そして、ペットが健康的な体重を達成するための第一歩は、フードを変えるという簡単なことであると伝えましょう。

体脂肪インデックス

ペットの体脂肪指数スコアを測定して、体重過剰や肥満によるリスクを説明します。.

ヒルズの体重管理製品

ヒルズは、最先端のサイエンスを用いて、ペットの本来の代謝を健康的に保ち、脂肪の燃焼を助けるフードを開発しました。

意識を高めるアイコン

たべよう愛情。へらそう体重。

おやつや人間の食べ物が長期的にどのような影響を与えるか飼い主様が理解できるようサポートすることは大切です。ここに掲載のストーリーをクリニックのSNSに投稿して、ペットの肥満について意識を高めましょう。

動画をシェアして意識を高める

動画

矢作先生 栄養シグナルについて

矢作先生 栄養シグナルについて

矢作先生 生活習慣病予防と栄養

矢作先生 生活習慣病予防と栄養

矢作先生 ニュートリゲノミクスと栄養素

矢作先生 ニュートリゲノミクスと栄養素

矢作先生 「タンパク質」の研究について

矢作先生 「タンパク質」の研究について

矢作先生 「脂肪酸」の研究について

矢作先生 「脂肪酸」の研究について

矢作先生 「ニュートリゲノミクス」の応用例

矢作先生 「ニュートリゲノミクス」の応用例

矢作先生 「おいしさの科学」と味覚受容体

矢作先生 「おいしさの科学」と味覚受容体

左向先生 未病と健診のすすめ

左向先生 未病と健診のすすめ

左向先生 内分泌疾患の隠れた症状

左向先生 内分泌疾患の隠れた症状

左向先生 甲状腺機能低下症の診断と治療

左向先生 甲状腺機能低下症の診断と治療

左向先生 クッシング症候群の診断と治療

左向先生 クッシング症候群の診断と治療

左向先生 糖尿病の診断と治療

左向先生 糖尿病の診断と治療

左向先生 肥満の問題点

左向先生 肥満の問題点

左向先生 肥満解消のための食事療法

左向先生 肥満解消のための食事療法

ペットの体重管理キット スペシャルインタビュー 太田亟慈先生

ペットの体重管理キット スペシャルインタビュー 太田亟慈先生

メタボリックス獣医師インタビュー動画 原田恭治先生

メタボリックス獣医師インタビュー動画 原田恭治先生

メタボリックス獣医師インタビュー動画 石岡 克己先生

メタボリックス獣医師インタビュー動画 石岡 克己先生

「獣医療における予防医学のいま、そしてこれから~ヒト医療の知見から考える~」

「獣医療における予防医学のいま、そしてこれから~ヒト医療の知見から考える~」

健康診断から始まる診断と治療 左向敏紀先生

健康診断から始まる診断と治療 左向敏紀先生

実証済みの減量用フード

10年以上にわたる研究を基に、ヒルズは食物繊維の特別ブレンドを開発。余分な脂肪を燃焼する身体の自然な能力を活性化させます。.